〜身体と心にやさしく触れる〜 鍼灸ひののき

tel.058-260-4778 10:00〜14:00 16:00〜20:00<休診日:水・日曜>
電話でのご予約はコチラ

冬の過ごし方

冬の過ごし方

今日は「立冬」。

暦ではもう冬になりました。

 

冬は、万物が静かに閉じこもる時期で、陰気を養い陽気を蓄えて春に備えます。

 

一年の中で夏は「陽」が強く、冬は「陰」が強い季節です。

そして、冬至で陰がピークとなり徐々に陽が増えていきます。

 

中国の古い医学書に、「冬は閉蔵(へいぞう)」と書かれています。

閉蔵とは、蔵の戸をしっかりと閉ざしてしまっておく、といったイメージです。

身体においては、秋に体内に氣血を収め、冬はそれらを漏らさないようにしっかりと蓄え、春の活動力の基礎を作ります。

動物は冬眠しますし、植物も春に芽を出すために内にエネルギーを貯めますね。

この時期に、しっかりと内に蓄えるから春に元気に動けるわけです。

 

冬の生活のポイントは

「陰を養い、陽を蓄える」

ことです。

 

汗をたくさんかくような激しい運動など、活動的なことは控えめにして、夜は早く休みましょう。

夜遅くまでパソコンやスマホ、テレビを見るのも控えた方がいいですね。

 

また、冬は寒くて当たり前です。

暖房や長風呂などで暖め過ぎると、毛穴が開き熱を逃がそうとします。

本来なら熱を逃がさないように、身体は毛穴をキュッと閉めているのですが、暖めることで逆の働きをしてしまうんですね。

そして、毛穴が開いたところに冬の冷気が入れば体調を崩します。

 

現代は便利になり、冬でも暖かく夜でも明るいといった、ずいぶん不自然な生活となっています。

このような生活は、身体のバランスを崩しやすく、花粉症やアレルギー、その他の病気とも無関係ではないでしょう。

ゲーテは

「人は自然から遠ざかるほど病身に近づく」

と言っています。

 

≪私の冬の過ごし方≫

風呂は基本的にシャワーのみで、湯船に浸かるのは数回程度。

暖房については、まず着るもので調整することが最優先です。

暖かい恰好をして、それでもダメならストーブを入れる、

という順番にしています。

施術中は、さすがにエアコンを入れますが、自宅ではエアコンは入れません。

暖かい空気を吸うことで、のぼせやすくなるからです。

カイロは貼りませんし、ショウガ紅茶も飲みません。

 

そのおかげか?花粉症とは無縁です(^_^)

 

春先に花粉症で悩んでいる方は、できるところから実践してみてくださいね。

 

 

ここからは、東洋医学の少し専門的なお話し。

 

東洋医学は、自然界の現象を人の身体にも当てはめて捉えました。

冬は季節の中では陰に分類されます。

内臓では、「陰中の陰」と表現される「腎」が関係します。

冬の生活のポイントである

「陰を養い陽を蓄える」

ことに反する生活を送っていると、腎に負担がかかります。

腎と関係の深い身体の部位は、耳、腰、髪の毛、歯、膀胱などですから、これらの部位に問題が出るかもしれません。

つらい腰痛に悩まされている方は、

「陰を養う」

を意識した生活が大切ですね。

羽島市で首、肩、腰の痛みにお悩みなら

鍼灸ひののき

10:00〜14:00 16:00〜20:00
<休診日:水・日曜>

Facebookでチェック

LINE@ご予約もできます!!

LINEからもカンタンにご予約が出来ます

24時間いつでもお申し込みOK!

ID検索の場合は
「@oru5903e」
検索して下さいね。

「お名前」「お電話番号」「予約第1希望日時」「予約第2希望日時」「お困りの症状」を送信して下さい。

当院より予約状況を確認いたしますので、返信までしばらくお待ち下さい。

〒501-6207
岐阜県羽島市足近町5丁目579-1 アスカA105

058-260-4778

完全予約制 / 水・日曜 休診

受付時間
10:00〜14:00
16:00〜20:00
  • 施術時間
  • 10:00~14:00
  • 16:00~20:00
WEB予約はこちらから

お知らせ