〜身体と心にやさしく触れる〜 鍼灸ひののき

tel.058-260-4778 10:00〜14:00 16:00〜20:00<休診日:水・日曜>
電話でのご予約はコチラ

頭のふらつき

頭のふらつき

来院された方を例にして、この症状をみていきたいと思います。

 

この方は、微熱と咳が続き内科で風邪薬を処方してもらいました。熱は落ち着いたものの、その後咳が1ヶ月ほど続き、治まったと思ったら今度は頭がふらつく様な症状が出てきたため、来院されました。

 

東洋医学では、陰陽の概念が根本原理としてあります。

陰陽の法則として、陽が増えれば陰が減り、陰が増えれば陽が減ります。

 

では、今回の症状はなぜ起こったのでしょうか?

微熱と咳の症状から身体は陽>陰の状態だったと考えられます。

私たちの身体は常にバランスを保とうと働いています。これを恒常性とよびます。身体に余剰な熱(陽)が生まれたら、それを排出して陰陽のバランスを保とうとします。

身体は発汗、咳という症状を出すことで、陽を排出してバランスを取ろうとしました。しかし、咳止めなどの薬により、本来排出しなければいけなかった熱(陽)を出すことができなかったため、今度は頭のふらつきという症状を出したのです。

頭のふらつきは、身体の上部に動揺性の症状が出ていることですので、陽の部位に陽の症状が出ていると考えられます。つまり、陽>陰の状態です。

 

そのため、余剰な熱をさばいて陰をしっかりさせる施術を行いました。かつ、生活習慣として食べ過ぎないこと、薄味にすること、早く寝ることなどをご説明しました。

 

症状は身体からのサインです。

風邪薬や咳止め、下痢止めなど症状を抑える薬のCMを目にする機会が多いですね。

しかし、薬で抑え込む前に、なぜそのようなサインが出ているのか、ご自身の身体と向き合ってみることも大切だと思います。

そして、鍼灸施術でバランスを整えてくださいね。

 

 

羽島市で首、肩、腰の痛みにお悩みなら

鍼灸ひののき

10:00〜14:00 16:00〜20:00
<休診日:水・日曜>

Facebookでチェック

LINE@ご予約もできます!!

LINEからもカンタンにご予約が出来ます

24時間いつでもお申し込みOK!

ID検索の場合は
「@oru5903e」
検索して下さいね。

「お名前」「お電話番号」「予約第1希望日時」「予約第2希望日時」「お困りの症状」を送信して下さい。

当院より予約状況を確認いたしますので、返信までしばらくお待ち下さい。

〒501-6207
岐阜県羽島市足近町5丁目579-1 アスカA105

058-260-4778

完全予約制 / 水・日曜 休診

受付時間
10:00〜14:00
16:00〜20:00
  • 施術時間
  • 10:00~14:00
  • 16:00~20:00
WEB予約はこちらから

お知らせ