〜身体と心にやさしく触れる〜 鍼灸ひののき

tel.058-260-4778 10:00〜14:00 16:00〜20:00<休診日:水・日曜>
電話でのご予約はコチラ

自律神経失調症AUTONOMIC IMBALANCE 自律神経失調症、もう治らないと諦めていませんか?
休みたくても休めない。無理して「こころ」も「体」も疲れ切っている
そんなあなたは今すぐご相談ください。東洋医学で身体のバランスを整え、長引くつらい症状を解決します

自律神経失調症といわれ、つらい症状に悩んでいませんか?

  • 胸がざわついて落ち着かず、家事や仕事が手につかない
  • 体のいろいろなところに不調が出て、やる気が出なかったり気持ちが落ち込む
  • 下痢や便秘、ガスがたまるなど胃腸の調子が悪く、薬が手放せない
  • まぶしいところが苦手で外出したくない、買い物や出勤が苦痛になっている
  • つらい症状は精神的なものと説明され、どうしたらいいか分からない
  • のどや胸のあたりに詰まった感じがあり、すっきりしない
  • 寝つきが悪く、抗不安薬や睡眠導入剤を長く服用している

一つでも当てはまる方は、当院のはり施術を試してください。
痛みがない、心地の良い施術なのでリラックスして受けることができます。また、ネガティブな感情に直接アプローチするEFTセッションもご用意しています。
毎日を楽しくイキイキと過ごすために、がんばり過ぎている体とこころをケアしませんか?

当院なら自律神経失調症の改善を目指せる理由

理由その1

お身体の状態を全体的に捉え、投薬治療ではできない鍼灸治療を行います

自律神経失調症は、疲労感、胃腸の不調、眠れない、動悸、肩こり、感情をコントロールできない、気分が落ち込む、イライラなど、体やこころにさまざまな症状が現れます。
胃腸を整える薬、鎮痛剤、睡眠導入剤、抗不安薬など、それぞれの症状に対して薬が出ていませんか?もしそうであれば、症状を個別に捉え、あなたのお身体を全体的に捉えていないのかもしれません。
「鍼灸ひののき」のはり施術の様子

また、東洋医学では感情と五臓が関係していると考えますので、はり施術で五臓の働きがしっかりしバランスが整えば、感情も変化していきます。

理由その2

身体の状態や現在の悩みを丁寧にお聴きし、本当の原因を見つけます

自律神経の不調には、ストレスや生活習慣の乱れ、ホルモンバランスの変化、性格傾向などが関係します。そのため、初回カウンセリングでは、身体的・精神的な症状だけでなく、生活スタイルについてもお尋ねします。そして、根本である臓腑、とくに五臓のどこに問題があるかを見つけていきます。
「こんなこと、関係ないかな?」と思うことでも、お身体の状態を知る重要なヒントとなることがあります。
「鍼灸ひののき」の丁寧なカウンセリングの様子

当院は完全予約制で、他人にお話しを聞かれる心配はありませんので、安心してお話しください。しっかりとお聴きします。

理由その3

東洋医学はバランスを重視します

自律神経には、交感神経と副交感神経の2つの種類があります。
交感神経は、買い物に行く、料理を作る、仕事をする、など活動するのに適した状態にする神経です。副交感神経は、食べた物をスムーズに消化・排泄する、筋肉の緊張を緩める、脈や呼吸をおだやかにする、などの働きがあります。

交感神経は活動状態で優位になり、副交感神経はリラックス状態で優位になります。
身体の中でこの二種類の神経が自動的に切り替わり、バランスよく働いているのですが、このバランスが乱れ、さまざまな不調が出た「状態」が自律神経失調症とよばれます。
身体の中で、ONとOFFの切り替えがうまく働かない状態ですね。
「鍼灸ひののき」の東洋医学をもとに説明する様子

では、東洋医学ではどのように捉えるのでしょうか。
古代中国の思想家は、陰と陽の二つの氣が、世界のあらゆる事物と現象を成り立たせると考えました。そして、陰と陽が変化しながら互いにバランスを取ることで平衡状態を保っています。

陰と陽の例えの表

この考え方を自然界だけでなく人にも当てはめ、身体の陰陽のバランスが保たれていると健康であり、バランスが崩れると不調が現れると考えたのです。
これを自律神経に当てはめると、交感神経は「陽」、副交感神経は「陰」に分類されます。
自律神経のバランスの乱れとは、陰陽のバランスの乱れと言い換えることができます。そして、根本である五臓も陰陽に分類されますので、陰陽のバランスの乱れとは、五臓のバランスの乱れとなるわけです。

当院のはり施術は、根本である五臓に働きかけバランスを整えていきますので、自律神経のバランスも整っていき症状の改善が見込めるのです

理由その4

つらい感情には、EFTセッション

嫌なことや心配事があれば、眠れなくなったり食欲がなくなったり、血圧が高くなったりするように、体とこころは密接に関係しています。
当院では、痛みやつらさによってネガティブな感情が強い場合は、その感情へ直接アプローチする方法としてEFTセッションもご用意しています。※ただし、来院2回目以降
EFTセッションの様子

セッションは、産業カウンセラー、精神保健福祉士の資格を持った院長が行います。
守秘義務がありますので、お話しされたことを他人に漏らすことはありません。安心してセッションを体験してください(自傷他害の恐れがある場合などは、この限りではありません)。

EFTは手順が簡単で、覚えてしまえば一人でもできます。職場や家庭で、ネガティブな感情が出てきたら手軽に行うことができますので、セルフケアのツールとしてもおすすめしています。

自律神経失調症が良くなった方の喜びの声

  • 鍼が精神面にも効果があるとは思いませんでした。今、不調で悩んでいる方もきっとトンネルを抜けることができますよ!

    50代女性 事務職

症状:
人間関係のトラブルにより、不眠、心がふさぐ、頭痛、思考がまとまらない、のどのつまり、落ち着かない、心がザワザワする、体(部分的)の痛み、食欲低下

施術日の状態をしっかり聞いて頂き、その時に合わせた鍼治療と毎日の生活で気をつける事もていねいに指導してくださいました。
最初は週1から2週に1回のペースで症状に応じて間隔をあけていく内に少しずつ心も軽くなり、体に表れていた痛みも楽になっています。
鍼が精神的な面にも効果があるとは思っていなかったので、今楽になってきて、人間の心と体のバランスの大切さを知りました。
本当に感謝しています。
今、不調で悩んでいる方へ
きっとトンネルを抜けられる日がきますよ!

※個人の感想を掲載しております。効果を保証するものではありません

通院の目安

良くなっていくスピードや経過は人により、また生活習慣によりまちまちです。「○○回通えば、こうなる。」と断言できないのが正直なところです。
当院ではり施術を受けられた方は、さまざまな経過をたどります。

  • しばらく変化がなく、ある時期から症状が改善していくパターン
  • 良くなったり悪くなったりを繰り返しながら徐々に改善していくパターン
  • 一時的に症状が強くなってから、改善していくパターン
  • ある段階で停滞期を迎えてから改善していくパターン

これらの症状の経過はあくまで例です。実際には、これらのパターンもあれば、複合したパターンなど人により様々です。

当院は、1回で痛みを取ることを目的としていません。根本から解決し、薬に頼らない身体、同じ症状を繰り返さない身体を取り戻すことを目指しています。
そのためには、継続した施術と生活習慣の見直しが必要となりますので、やはりそれなりの時間がかかります。

初期から中期
まずは週に1~2回程度からはじめていき、症状が落ち着いてきたら10日に1回、2週間に1回と間隔を空けていきます。

とくに施術の初期は、間隔を詰めて通院していただくと効果が維持できます。
身体はこれまでのアンバランスな状態が普通の状態と認識しています。施術によってバランスが整っても、それは普通の状態ではないため、またアンバランスな状態に戻ろうとします。

ですから、通院の間隔を空けてしまうとバランスが整った状態をキープしにくくなります。最初は大変ですが、長い目で見た時に笑顔でいられるよう、一緒に取り組んでいきましょう。

後期
28日間(約1ヶ月)を1タームとしてお身体の状態を振り返っていただき、3~4タームくらいを効果測定の一つの目安にしています。

私たちの身体は、環境や精神的ストレスからも影響を受けます。大きく体調を崩さないよう、3週から1ヶ月に1回程度、メンテナンスを目的に来院することをおすすめしています。

よくある質問

  • 薬を飲み続けていますが、やめた方がいいですか?

    急にやめない方がいい薬もあります。
    当院は薬に頼らない身体づくりを目指しますが、焦らず徐々に進めた方がいいこともありますので、一度ご相談ください。

  • 他の治療法も試したいのですが?

    早く良くなりたい、効果がありそうなものはいろいろ試したい、という気持ちはよく分かります。
    当院の施術は、根本である五臓のバランスを重視した東洋医学の考えに基づいたものです。そのため、当院と身体や健康についての考え方・方針が異なる治療法を組み合わせると、整えたバランスが乱れることも考えられます。
    他の治療法が悪いわけではありません。組み合わせることで、通院される方のメリットになるかどうかが重要です。まずはご相談ください。

  • 何回くらいで良くなりますか?

    症状の経過は、人によりまちまちです。
    体の痛みだけの症状よりは、改善するまでに時間がかかる傾向があると感じています。
    生活習慣で避けた方がいいことやセルフケアの方法などもアドバイスしていきますので、お家で実践することで施術効果が高まると考えています。

  • 首・肩のこりがつらいです。マッサージはしてもらえますか?

    申し訳ありません。当院ではマッサージはしておりません。
    当院のはり施術は、皮膚上にあるツボに触れていく接触鍼という方法です。皮膚上にあるツボに触れて刺激が伝わるということは、マッサージなどで皮膚に刺激を加えると何らかの影響が出ると考えられます。

症状は身体からのサインです

自律神経失調症の状態を引き起こすものは、過度なストレスや生活習慣の乱れ、ホルモンバランスの変化などさまざまで、症状も人によりさまざまです。

気分の落ち込みや気力の低下、身体のだるさなどの症状とよく似た疾患にうつ病があります。気持ちが落ち込む、楽しかったことが楽しくない、という状態が2週間以上続き、死についてしばしば考える、午前中の調子がとくに悪く夕方に少しよくなる、などの症状もあるようでしたら心療内科の受診を検討してください。
「鍼灸ひののき」の首元に鍼施術をする様子

東洋医学では、症状の背景に五臓の働きの問題があると考えます。
その場しのぎの対症療法を続けることは、身体からのサインにふたをして問題を先送りにしていることになります。その結果、五臓の問題がより複雑になって、回復までに時間がかかってしまいます。

症状に悩んでいる方の中には、「なまけている」「ただのわがまま」といった周囲の無理解によって、二重につらい思いをされている方もいらっしゃいます。

QOL(生活の質)も低下してしまいますので、痛みやつらさを我慢し続ける前に、当院の施術を体験してみてください。

〒501-6207
岐阜県羽島市足近町5丁目579-1 アスカA105

058-260-4778

完全予約制 / 水・日曜 休診

受付時間
10:00〜14:00
16:00〜20:00
  • 施術時間
  • 10:00~14:00
  • 16:00~20:00
WEB予約はこちらから

お知らせ