〜身体と心にやさしく触れる〜 鍼灸ひののき

tel.058-260-4778 10:00〜14:00 16:00〜20:00<休診日:水・日曜>
電話でのご予約はコチラ

下痢をとめるな

下痢をとめるな

嘔吐や腹痛がないのに下痢をする。

そんな時、慌てて下痢止め薬を飲まないようにしてください。

 

今年は長い梅雨が明けたと思ったら、急に暑くなりましたね。身体が暑さになれず、熱中症にかかる方もいらっしゃいました。

室内にいても熱中症にかかることがあるため、エアコンの使用は必須です。

が、一日中涼しい部屋の中にいると別の問題が起こります。

 

それは、汗をかかないこと。

 

私たちは暑ければ汗をかいて熱を冷まします。

しかし、エアコンが効いた部屋にいると、毛穴が閉じたままで放熱することができず、体内に熱がこもります。

身体は熱い、でも熱を逃がすことができない!

となったときに、下痢として熱を逃がすんです。身体のバランスを保つために必要な反応だったわけですね。

他にも、せき、かゆみといった症状も、熱を逃がすための反応と考えられます。

 

ですから、薬でこれらの反応を抑えようとすると、放熱できないためにめまい、頭痛、首や肩のこり、といった他の症状を招くことにもなります。

 

対策としては、

・時々窓を開けて温かい空気を入れる

・朝や夕方など涼しい時間帯に、散歩する

などがおすすめです。

ただし、だらだらとたくさん汗をかくのは避けてくださいね。

 

では、ここからは、なぜめまいや頭痛、首や肩のこりが起こるか?を東洋医学的に考えてみます。

 

東洋医学の考え方のベースに「陰陽論」があります。

陰陽の性質は

陽…上、熱、火、動

陰…下、寒、水、静

となります。詳しくはこちらのブログを参考にしてください。

 

湯気や蒸気など熱いものは、上に上に上がっていきます。

身体の熱も上に上がっていく性質がありますので、身体の上部である首から上に問題が出やすくなります。

めまいは、クラクラ・フワフワと表現されるように、動的な反応ですから「陽」に分類されます。

頭痛もズキズキ、ガンガンと動的な表現がされるので「陽」の反応と考えられます。

首や肩のこりは、筋肉に潤いがなく柔軟性に欠ける状態です。潤い(陰)がない状態なので「陽」ですね。

このことから、身体のバランスは「陽」に傾いていると考えられますので、熱がこもっていることと合致します。

 

鍼灸施術では、陽に傾いたバランスを整えてあげます。

陽が多くなれば陰が減る、という性質がありますので、余剰な陽を取り除いて陰を増やしてあげるようにツボを選択して鍼をしていきます。

 

実際の施術では、どこの熱が多いのかを把握しなければいけないので、付随する症状によって選択するツボは変わっていきます。

陰を増やすためには、「腎」の働きが重要となりますので、腎には必ずアプローチします。

ツボとしては、腎兪(じんゆ)、陰谷(いんこく)、太渓(たいけい)などが挙げられます。

 

めまいやお腹の不調で自律神経失調症かな?と思ったら、こちらのページも参考にしてください。

羽島市近郊で自律神経の不調にお悩みなら、一度ご相談ください。

羽島市で首、肩、腰の痛みにお悩みなら

鍼灸ひののき

10:00〜14:00 16:00〜20:00
<休診日:水・日曜>

Facebookでチェック

LINE@ご予約もできます!!

LINEからもカンタンにご予約が出来ます

24時間いつでもお申し込みOK!

ID検索の場合は
「@oru5903e」
検索して下さいね。

「お名前」「お電話番号」「予約第1希望日時」「予約第2希望日時」「お困りの症状」を送信して下さい。

当院より予約状況を確認いたしますので、返信までしばらくお待ち下さい。

〒501-6207
岐阜県羽島市足近町5丁目579-1 アスカA105

058-260-4778

完全予約制 / 水・日曜 休診

受付時間
10:00〜14:00
16:00〜20:00
  • 施術時間
  • 10:00~14:00
  • 16:00~20:00
WEB予約はこちらから

お知らせ