〜身体と心にやさしく触れる〜 鍼灸ひののき

tel.058-260-4778 10:00〜14:00 16:00〜20:00<休診日:水・日曜>
電話でのご予約はコチラ

腰が痛くて運転がつらい

腰が痛くて運転がつらい

腰痛持ちにとって、長距離運転はきついですよね。

 

なぜ腰が痛くなるのでしょう?

 

まず姿勢

 

現在はAT車が多いですので、よく使うのは右足。

“左ひざをまげて右足は伸ばした姿勢”

は身体が傾き、腰に負担をかけます。

さらにシートを倒して浅めに腰掛ける、ハンドルを片手で操作する、

となると傾きはもっとひどくなります。

 

理想的な姿勢は、シートをなるべく倒さず、両手両足をできるだけ均等に

することです。座面の角度が調整できるものは、腰が沈まないようにしましょう。

 

 

つぎに東洋医学的にみてみます。

 

【氣血の巡りが悪くなる】

同じ姿勢が続くと、氣血(エネルギーや栄養と思ってください)の巡りは悪くなります。

とくに運転中は、ペダルを踏む、ハンドルを回す、左右確認で首を動かすなど、さほど大きな動作がありませんので、より顕著です。

エネルギーや栄養がスムーズに巡っていかないので、筋肉もかたくなりやすいですね。

 

【目を酷使する】

周囲に注意を払わないといけませんので、運転中は集中して目を使っています。

目を酷使すると、身体は「陽」に傾きます。

筋肉を潤したり柔軟性をもたせるのは「陰」の働きですので、「陽」に傾けば

この働きも悪くなり、結果として筋肉がかたくなります。

※この辺りを少し専門的に解説したのが最後にあります。

 興味がある方は読んでみてください。

 

対策としては、こまめな休憩です(^_^)

伸びをして氣血を巡らします。モミモミとマッサージするより、ストレッチ程度で筋肉をじわーっと伸ばす方がいいでしょう。

ぼくは、足首を回しています。

また、目を休めて「陽」に傾いた身体を落ち着かせます。

 

助手席の人は、

運転手の目が血走っていたら

休憩をうながしてあげましょうね(^_^)

 

【おまけ-目を酷使すると、なぜ陽に傾くのか】

目と関係が深い内臓は、「心-しん」です。

目を酷使すると「心」に負担がかかります。

“陽中の陽”

と表現される「心」は陽の要素が強く、負担がかかると身体は「陽」に傾きます。

 

たき火で火がメラメラと燃え盛っている状態、と思ってください。

この火を抑えるには、水をかけないといけませんね。

 

身体でいうと、その役割は“陰中の陰”と表現される

「腎-じん」

が担うことになります。

火(陽)を抑えようと、腎が必死にがんばるわけです。

がんばり過ぎれば、身体に影響が出ます。腎と関係が深い身体の部位は「腰」です。

そのため、腰に問題が出てくるのですね。

 

羽島市で腰痛にお悩みなら

羽島市で首、肩、腰の痛みにお悩みなら

鍼灸ひののき

10:00〜14:00 16:00〜20:00
<休診日:水・日曜>

Facebookでチェック

LINE@ご予約もできます!!

LINEからもカンタンにご予約が出来ます

24時間いつでもお申し込みOK!

ID検索の場合は
「@oru5903e」
検索して下さいね。

「お名前」「お電話番号」「予約第1希望日時」「予約第2希望日時」「お困りの症状」を送信して下さい。

当院より予約状況を確認いたしますので、返信までしばらくお待ち下さい。

〒501-6207
岐阜県羽島市足近町5丁目579-1 アスカA105

058-260-4778

完全予約制 / 水・日曜 休診

受付時間
10:00〜14:00
16:00〜20:00
  • 施術時間
  • 10:00~14:00
  • 16:00~20:00
WEB予約はこちらから

お知らせ