〜身体と心にやさしく触れる〜 鍼灸ひののき

tel.058-260-4778 10:00〜14:00 16:00〜20:00<休診日:水・日曜>
電話でのご予約はコチラ

立ち仕事と腰痛の関係

立ち仕事と腰痛の関係

立ち仕事で悩まされるのが、足のむくみと腰痛です。

 

立つ姿勢、ハイヒール、長時間の同一姿勢

などが原因といわれます。

 

ここでは、東洋医学的に考えてみます。

 

古代中国では、労働の種類を5つに分類しました。

久行(きゅうこう)、久視(きゅうし)、久座(きゅうざ)、久臥(きゅうが)、久立(きゅうりつ)

の5つで、五労(ごろう)といいます。

 

その一つ、「久立」

が立ち仕事のことです。

適度に立って動くことは大切ですが、長時間の立ち仕事となると身体に負担をかけてしまうんです。

 

五労は、「肝・心・脾・肺・腎」の五臓とそれぞれ対応しており、久立は「腎」と深い関係にあります。

つまり、

長時間の立ち仕事は「腎」に影響する

と考えたわけです。

 

腎と関係する身体の部位は、

腰、骨、歯、髪の毛、膀胱

などですから、腎に負担をかけて働きを悪くすれば、

これらの部位にも影響してきますので、腰痛も出てくるでしょう。

「腰は腎の府(ふ)」

という言葉があります。

府には、しまう蔵、集まる所、といった意味がありますので、

「腰は腎のいるところ」

といった感じでしょうか。

このように、腎と腰は深い関係があるのです。

 

骨とも関係していますので、

腰椎椎間板ヘルニアや腰椎すべり症なども関係してくるでしょう。

 

膀胱と関係するのは、現代医学とも共通しますね。

古代中国では、腎や膀胱などの内臓とつながっている経絡(けいらく)が、身体の中を流れていると考えました。

経絡って何?という方は、鍼灸施術についてのページを参考にしてください。

 

膀胱とつながっている経絡は、

目の内側→頭をのぼって後頭部→首・背中・腰・おしり→もも・ふくらはぎの後ろ側

を流れていきます。

そのため、ハイヒールをはいて常にふくらはぎが緊張した状態ですと、ここを通る経絡を通して腰にも影響します。

 

また、腎は「陰中の陰」と表現され、身体の水の源となる臓です。

そのため、腎に負担がかかると身体の水はけが悪くなり、むくみとなって現れます。

 

このように、立ち仕事によって関係する「腎」に負担がかかり、

腎と関係する、腰や水はけ、膀胱(の経絡)などに影響が出てきます。

腰痛についてはこちらのページも参考にしてください。

 

しかし実際には、身体への影響はこのように単純ではなく複合的なものです。

鍼灸施術では、腎への影響を視野に入れつつ、他の影響も考慮します。

食事の内容はどうか?

睡眠はどうか?

パソコンやスマホの視聴時間は?

精神的なストレスは感じているか?

便通はあるか?

などなど。

 

立ち仕事=腎にだけアプローチすればいい、

というものでもなく、その方の状態を多面的に捉えていかないと、見立てを誤ってしまいます。

 

羽島市で腰痛にお困りなら

〒501-6207
岐阜県羽島市足近町5丁目579-1 アスカA105

058-260-4778

完全予約制 / 水・日曜 休診

受付時間
10:00〜14:00
16:00〜20:00
  • 施術時間
  • 10:00~14:00
  • 16:00~20:00
WEB予約はこちらから

お知らせ