〜身体と心にやさしく触れる〜 鍼灸ひののき

tel.058-260-4778 10:00〜14:00 16:00〜20:00<休診日:水・日曜>
電話でのご予約はコチラ

長年の首の痛みが軽減した事例

長年の首の痛みが軽減した事例

「首の右側が痛くて、ひどくなるとソフャ-でぐったりする…」

長年の首の痛みに悩んで来院された40代男性の事例。

 

10代の頃に事故をしたことがあり、それ以来首の痛みが持病のようになっているとのこと。

 

首の痛みの他に

・イライラする

・時々腰痛がある

・口の中がねばつく

・かゆみが出ることがある

・手やわきに汗をかきやすい

などの症状がありました。

 

「仕事のことで頭の中がパンパン」

とも話していました。

 

生活習慣として、毎朝栄養ドリンクやニンニクサプリを飲んでいます。

偏食があり、おやつをよく食べるそうです。

 

これらのことから、なぜ首の痛みがなかなか良くならないのか?

東洋医学的に考えていきます。

 

鍼灸施術の考え方のベースには、陰陽の概念がありますので、まず身体を全体的に陰陽の視点で捉えてみます。

陰陽についてのブログも参考にしてください。)

陽…上部、熱、火、動

陰…下部、寒、水、静

です。

首は身体の上部に位置しますので、陽。

口がねばつくのは潤いがない状態なので、陽。

イライラしている状態をイラストにすると、

顔が真っ赤になっていたり

頭から湯気が上っていたりしますよね。

つまり陽です。

かゆみも陽の症状です。

このことから、身体の状態は

陽>陰

とみることができます。

この方は、幼少期からじんま疹に悩んでいたそうです。

おそらく小さい時から、身体は陰が足りない状態だったのでしょう。

 

次に、内臓について考えてみます。

東洋医学では、いろいろな症状の根っこには内臓の働きやバランスの問題があると考えます。

内臓の中でもとくに重要なのが「肝・心・脾・肺・腎」の五臓です。

 

心(しん)は「陽中の陽」と表現され、

陽の要素が強く、またストレスの影響を受けやすい臓です。

この方は、仕事のことで頭がパンパンですので常に緊張状態、ストレス状態と考えられます。

手のひらやわきに汗をかきやすい、という症状は「心(しん)」が関係します。

緊張すると手やわきに汗をかくことからも、関係性が分かりますね。

 

そして、心は小腸とも深い関係にあります。

小腸の経絡は、腕や肩、首を通っていきます。

これらのことから、この方の首の問題は心や小腸が関係しているとみることができます。

 

心が「陽中の陽」なら、その反対の「陰中の陰」の臓はどこでしょうか?

 

「腎」です。

腎は、膀胱、腰、骨などと深い関係がありますので、腰痛が出るわけですね。

横になりたくなる、というのも腎の働きが弱っていると出てくる症状です。

 

以上をまとめると、

身体の状態は

陽>陰

関係する内臓は

心、小腸、腎

となります(実際は、他の臓も相互に関係してきます)。

 

鍼灸施術では、

小腸と関係するツボ…腕骨

首回りのツボ…天柱、風池

腎と関係するツボ…腎兪、陰谷、太渓

 

腕骨、天柱、風池からは熱をさばき、

陰中の陰である腎のツボ、腎兪、陰谷、太渓で

陰を増やすようなに鍼をすることで、

バランスを整えていきました。

 

生活習慣の見直しとして、栄養ドリンクやニンニクサプリは熱の要素が強いものですので、控えていただきました。

就寝時間も早めて、日付が変わる前には寝るように心がけていただきました。

 

3回目の施術で、ソファーでぐったりするほどの痛みやだるさは無くなったので、施術の間隔を空けて通院していただいています。

 

羽島市で首の痛みにお悩みなら

羽島市で首、肩、腰の痛みにお悩みなら

鍼灸ひののき

10:00〜14:00 16:00〜20:00
<休診日:水・日曜>

Facebookでチェック

LINE@ご予約もできます!!

LINEからもカンタンにご予約が出来ます

24時間いつでもお申し込みOK!

ID検索の場合は
「@oru5903e」
検索して下さいね。

「お名前」「お電話番号」「予約第1希望日時」「予約第2希望日時」「お困りの症状」を送信して下さい。

当院より予約状況を確認いたしますので、返信までしばらくお待ち下さい。

〒501-6207
岐阜県羽島市足近町5丁目579-1 アスカA105

058-260-4778

完全予約制 / 水・日曜 休診

受付時間
10:00〜14:00
16:00〜20:00
  • 施術時間
  • 10:00~14:00
  • 16:00~20:00
WEB予約はこちらから

お知らせ