〜身体と心にやさしく触れる〜 鍼灸ひののき

tel.058-260-4778 10:00〜14:00 16:00〜20:00<休診日:水・日曜>
電話でのご予約はコチラ

あごにできたニキビや吹き出物

あごにできたニキビや吹き出物

ニキビや吹き出物が決まって同じところにできる

ということはありませんか?

 

今回は、あご周りにできるニキビや吹き出物について、

東洋医学的に解説します。

 

あごの周りは、「胃」の経絡(けいらく)が流れています。

経絡とは、エネルギーや栄養が流れる道路だと思ってください。

メインとなる道路は12本通っていて、それぞれ各内臓と連絡しています。

そして、経絡の通り道上に、関係する内臓の反応が現れることがあります。

 

胃の経絡の流れをざっくり説明すると

鼻→目の下→あご周り→首→胸・腹→足を下って足の指、と顔から足先まで流れています。

 

赤く腫れるニキビや吹き出物は、熱の反応です。

胃の経絡ですので、胃の熱の反応があご周りに出た、

と考えるわけですね。

 

胃に熱が産まれるのは、飲食物の影響が大きいです。

 

甘いものや味が濃いもの、脂っこいものは、熱の要素が強い食べ物です。

カロリーは熱量ともいいます。まさに「熱」の量です。

カロリーが高いものを摂り過ぎると、熱の反応が出やすくなりますので、一つの目安にするのもいいかと思います。

アルコールも熱の要素が強い飲み物です。

お酒を飲むと、顔が赤くなったり陽気になったりしますが、これは熱の反応なんですね。

 

これらの飲食物を摂り過ぎると、胃にたくさん熱が入ります。

その反応として、ニキビや吹き出物が経絡の通り道に出現するわけですね。

 

また、食べ物の「量」も関係します。

食べ過ぎれば、胃が活発に活動します。活動すれば熱が産まれます。

運動して体が熱くなるのと同じですね(^_^)

 

お薬を塗ったり、いろいろなケアをしても繰り返す吹き出物に悩んでいる方は、お食事を見直すことから始めてみましょう。

 

 

ここからは、陰陽の考えを交えて少し深いお話しです。

興味がある方は読んでみてください。

 

陰陽で考えると、熱は「陽」に分類されます。

飲食物で熱がたくさん入った身体のバランスは、陽に傾きます。

常に身体はバランスを保とうとしますので、陽>陰の状態を戻そうと、今度は陰ががんばります。

陽が強すぎればそれだけ陰もがんばりますので、いずれ陰が疲弊します。

 

陰と陽の概念は内臓にもあてはまります。

陰が疲弊するということは、「陰中の陰」である腎(じん)が疲弊することでもあります。

 

つまり、食べ過ぎや飲み過ぎ、食べ物の質によって身体のバランスが陽に傾けば、胃に負担をかけるだけでなく、腎にも影響を与えることになるわけです。

腎と関係が深い身体の部位は「腰」です。

慢性的な腰痛に悩んでいる方は、お食事を見直してみるのも大切です。

 

また、経絡で考えると「肺」の経絡はお腹から始まります。

胃が熱を持っていれば、経絡を通して肺にも熱が伝わっていきます。

肺と関係が深い身体の部位は「皮ふ」ですから、このことからも肌荒れが起こることが考えられます。

 

 

羽島市で首、肩、腰の痛みにお悩みなら

鍼灸ひののき

10:00〜14:00 16:00〜20:00
<休診日:水・日曜>

Facebookでチェック

LINE@ご予約もできます!!

LINEからもカンタンにご予約が出来ます

24時間いつでもお申し込みOK!

ID検索の場合は
「@oru5903e」
検索して下さいね。

「お名前」「お電話番号」「予約第1希望日時」「予約第2希望日時」「お困りの症状」を送信して下さい。

当院より予約状況を確認いたしますので、返信までしばらくお待ち下さい。

〒501-6207
岐阜県羽島市足近町5丁目579-1 アスカA105

058-260-4778

完全予約制 / 水・日曜 休診

受付時間
10:00〜14:00
16:00〜20:00
  • 施術時間
  • 10:00~14:00
  • 16:00~20:00
WEB予約はこちらから

お知らせ